中国技能実習生第3陣が10月から技能実習

 益財団法人「茨城国際親善厚生財団(IIFF)」が監理団体として受け入れている介護職の外国人技能実習生の中国からの第3陣の3人が、10月3日から特別養護老人ホーム「ヒューマン・ハウス」と介護老人保健施設「すばる」で技能実習をスタートします。

 3人は、8月29日に来日。小山市で約1カ月間の日本の生活などを学ぶ入国後講習を受けてきました。

 9月21日に行われた達生堂祭りに駆けつけ、先輩の技能実習生たちと一緒に、達生堂グループの祭りを楽しんでいました。


李 志偉(リ・シイ)さん


 河南省在住。ホテルなどに勤務し、2017年から山東省臨沂市の老人ホームで勤務。

 趣味は読書、ジョギング、音楽。責任感が強く、人の意見を聞きながら自分の意思も伝えます。






賀 淑娟(ガ・シュクケン)さん


 西安市在住。金型の製図制作で勤めたのち、2018年から西安市の老人ホームで勤務。

  外国語の学習や旅行が趣味。非常に努力家で頑張り屋さんです。







周 何昇(シュウ・カショウ)さん


 山東省在住。2017年から山東省臨沂市の老人ホームで勤務。趣味は読書、バスケットボール、音楽。

素直でポジティブで、何事にも積極的に取り組みます。







2019年10月3日


29回の閲覧